2018年6月5日火曜日

「活動報告」第1回みんなの交流会-第2650地区との合同交流会

初夏の風が清々しい五月末、第2610地区(富山・石川)米山学友会と、第2650地区(福井・滋賀・京都・奈良)米山学友会が、福井県で一泊二日の「みんなの交流会」を5月26日~27日に開催しました。交流会に初めて参加する2018年度の奨学生が、学友の先輩たちや、優しいロータリアンらと一緒に、BBQしたり、地元のミュージシャンライブを聞いたり、海を見たりしました。兄弟姉妹のようになり、親と子供のようになり、とても親しくなりました。
1次交流会の時に、2610地区の小柳委員長と2650地区の磯田委員長は継続的に交流しながら、握手しました。2次交流会ではとても盛り上がって、皆さんは、姉妹学友会を作ろうという発想ができました。特に、米山梅吉記念館にて姉妹学友会結縁式をしたいです。これからは、連携して、毎年の5月に交流会を計画する予定です。
地元のミュージシャンライブの最後の曲で、「いつか、また、この场所で、君とめぐり会いたい」と歌ったように、皆さんとの繋がりが広がることを心から願って、またお会いするのを期待しています。
在五月的尾巴上,初夏的风微微吹拂绿叶的时候,2610地区(富山・石川)米山学友会和2650地区(福井・滋贺・京都・奈良)米山学友会在福井县举行了两天一夜的交流会。初次参加交流会的2018年奖学生和学友会的前辈,扶轮社社员(Rotarians)一起BBQ,一起聆听当地音乐家的演唱会,一起吹着风看着海,不知不觉就拉近了关系,像兄弟姐妹,像父母与孩子。
1次交流会的时候,2610地区的小柳委员长和2650地区的矶田委员长被大家欢闹着上去发言,期间两位委员长不断地交流与握手,现场欢笑一片。到了2次交流会的时候,气氛更是热烈,在场的大家不禁冒出了想要创建一个“姐妹学友会”的想法。尤其是想要在米山梅吉纪念馆前举行“姐妹学友会结缘式”的心愿尤其恳切。并且预计在每年五月的这个时候,继续举行两个地区的交流会,深化友谊。
就像在当地的音乐家演唱会中所唱的最后一曲那样,“希望有一天,还能在这里,与你相遇。”愿我们的缘分,像繁枝一样越长越密,期待在不远的将来再见。

By 梁 卓慧 (Liang zhuohui、現役奨学生


画像に含まれている可能性があるもの:16人、、スマイル、子供、空、結婚式、靴、屋外

0 件のコメント:

コメントを投稿